アルコール 

お酒が健康に与える影響

お酒は健康に対していろいろな影響を与えてしまうものであり、その点についてきちんと理解しましょう。
お酒は必ずしも悪いものではなくて、百薬の長と称されることがあるように良い点もあります。
たとえば、お酒を適量飲むのであれば、他人との人間関係を円滑にできたり、血行を促進させたり、ストレスを解消したり、動脈硬化を予防できるといった効用があります。

ただし、お酒によって引き起こされる健康障害もたくさんあり、肝障害や脂質異常症、高血圧症、食道がんといった病気のリスクを高めてしまいます。
アルコールの代謝を行っているのは肝臓なのですが、お酒をたくさん飲み過ぎてしまうとここに異常が起きます。
肝臓は何らかの症状が出た時にはすでにかなり重症となっていることが多いため気をつけましょう。

沈黙の臓器と呼ばれることがある肝臓ですが、これはなかなか症状がでなくて分かりにくいためです。
きちんと健康診断を受けていると、肝臓に異常があるかどうかを判断することができます。
肝障害の中でも最初に起きるのは脂肪肝であり、そのあとはアルコール性肝炎となって、最終的には肝硬変となります。

お酒をたくさん飲む人に起きやすいがんとしては、食道がんや咽頭がん、乳がん、肝臓がんなどです。
さらに喫煙もしている場合にはよりがんの発症リスクが高まってしまうため気をつけましょう。
同じ量のお酒を飲んでいる人を比較して、喫煙者と禁煙者とではかなりがんの発症率が異なります。

アルコールによって中枢神経系に障害が出ることもあり、脳を萎縮させてしまいます。
アルコール依存症になってしまい苦しんでいる方も多いため気をつけましょう。

お酒の飲み方

まず日本酒に換算して一日のお酒の量は1合程度に留めておくのが健康的とされています。
いろいろな調査結果によると1日に2合以上飲んでしまうような方は健康障害を引き起こしやすいです。
毎日、2合以上飲んでいるような方は長期的に見ると肝硬変や脳卒中のリスクが高まります。

また、適量というのは健康な方のみに当てはまることであり、すでに臓器に異常が生じている場合にはお酒を控えるべきです。
休肝日を設けることも大切であり、最低でも週に2日ぐらいはお酒を飲まない日を作りましょう。
人間の肝臓がアルコールを処理するためのスピードというのは個人差があるため、休ませるべきです。

日本酒1合は具体的にどのくらいの量なのか分からないという方が多いでしょう。
これはビールだと633mlのことであり、ワインだと240ml、ウイスキーダブルならば1杯です。
かなり少ないと思われる方がいるかもしれませんが、適量というのはこの程度なのです。

飲酒量を減らすためには、ゆっくりとマイペースに飲むようにして、できるだけ何かを食べましょう。
はしご酒をするのは控えるようにして、家にはお酒を置いておかないようにしましょう。
まわりの人に対しては現在節酒していることをきちんとアピールしておきましょう。