肥満 

内臓や欠陥にも異常が

肥満というのは脂肪がたまっている状態のことであり、当然健康に大きな害を与えます。
肥満には二種類あり、皮下脂肪型といって皮膚の下に脂肪が蓄積しているタイプと、内臓脂肪型といって内臓の周辺に脂肪がたまってしまうものがあります。
この中でも特に問題視されているのは内臓脂肪型であり、これがいろいろな病気を引き起こす原因となるのです。

内蔵に脂肪が過剰にたまってしまうため、それによって高血圧となったり、脂質異常症になったりします。
内臓脂肪型については外見から判断しにくいという特徴があるため、一見痩せているように見えたとしても、実は肥満だったということもあるのです。
ウエストを測定してみて、男性であれば85センチ以上、女性なら90センチ以上だと内臓脂肪型肥満の可能性があります。

最近、よく聞く言葉としてメタボリックシンドロームがありますが、これは内臓脂肪型肥満となりいろいろな生活習慣病を合併していることです。
このような状態が続いてしまうと、心筋梗塞になってしまったり、動脈硬化が進みやすくなるため危険です。
明らかにお腹が出ているという方は自分がメタボでないのか疑ってみるべきでしょう。

最近は食の欧米化が進んでおり、運動不足の方が増えているため、メタボ患者は増えています。
若いころにメタボになってしまい、そのままの状態を放置してしまうと、中高年になっていろいろな悪影響が出てしまうのです。
メタボリックシンドロームについてはこちらのサイトが詳しいです。
>>生活習慣病オンライン-メタボリックシンドロームとは・脂質異常症これだけは知っておきたい

肥満の怖さ

肥満が与える影響というのは単一的なものではなく、いろいろな方面に害を及ぼします。
たとえば、肥満になっている方はそれだけ体が重いため、加齢によって筋肉の量が減って、骨がもろくなってしまうと、骨や関節への負担は大きくなります。
その結果として関節障害を起こしてしまったり、ちょっと転んだだけで骨折することもあるでしょう。

肥満によって高尿酸血症となってしまい、そこから痛風になってしまったり、あるいは膵炎や脂肪肝が促進されてしまったり、睡眠時無呼吸症候群になることもあります。
がんのリスクを高めることも知られており、大腸がんや子宮がん、乳がん、前立腺がんの原因ともなってしまうのです。
肥満と関わりの深い生活習慣病としては、糖尿病や脂質異常症、高血圧といったものがあります。

肥満を放置してしまうと、生活習慣病が悪化してしまい、そこから重大な病気へと進むケースは多いです。
日本人というのは小太りの人が多いのですが、これはインスリンの分泌能力が低いため、少しでも太ればすぐに糖尿病になったり、生活習慣病にかかってしまうためです。
つまり、太りにくいというよりも、健康に影響が出やすいため太れないといった方が正しいといえます。
たとえば、欧米人の中には超肥満体の人がいますが、ああいう人よりも日本人の小太りの方が健康に害が大きい可能性もあるのです。