がん

日常生活の習慣

日本人の死亡する原因として特に多いのはがんなのですが、これは実は生活習慣病なのです。
あまりがんのことを生活習慣病と認識していない方が多いのですが、実際には日常生活の習慣がかなり影響しているとされています。
たとえば、ある研究によれば、ガンに影響を与える要因は食事が30%、たばこが30%とされています。

これに加えて、運動不足が5%、アルコールが3%となっています。
そして意外に思われる方がいるかもしれませんが、遺伝の影響はわずか5%となっています。
生活習慣が与える影響がいかに多いのかが分かるでしょう。

そのため、普段の生活習慣を改善するだけでもがんの予防ができることが確信されています。
たとえば、たばこは最もがんに与える影響が多い要因の一つとなっています。
したがって、禁煙をするだけでがんになるリスクはかなり減少すると考えてよいです。

すでに禁煙をしている方の場合は、運動不足を解消して、食事を改善することによって、肥満になるのを防ぎましょう。
肥満になってしまうと食道がんや大腸がんのリスクを上げてしまうことが分かっています。
運動をすることによって、大腸がんのリスクは下がります。

飲酒については健康に良いとされることもあるのですが、がんに対してはまったく影響を与えません。
むしろ肝臓がんや食道がん、大腸がんのリスクを上げてしまうことになるため、少量飲酒を心がけるべきでしょう。
お酒をまったく飲まないのが一番良いです。

そもそもがんとは何か

がんというのは特定の物質やウイルスを表しているのではなくて、状態のことを指します。
細胞ががん化してしまうと、どんどん増殖していきそれが止まらなくなるのです。
健康な人間の体内には常にがん細胞が発生しているのですが、これを抑制するための遺伝子も存在するため、がんが増殖することがないのです。

がんが発症するのはいろいろな原因によるのですが、増殖がどんどん止まらなくなっていき、がん細胞が他の組織の中にまで侵入していきます。
それによって、正常な細胞をどんどん駆逐していってしまうのです。
最終的には体が正常に生命活動を続けるのを妨げてしまいやがては死を迎えることになります。

がんの治療法は基本的にがん細胞を破壊することです。
手術をして取り除いたり、放射線や薬物によって破壊していきます。
医学の進歩によって、たとえがんになったとしても、回復するケースは増えています。

特に初期の段階で発見することができれば、ほとんど大きな手術をすることなく健康な状態に戻れるでしょう。
がんの原因を特定することは難しいのですが、生活習慣を整えることが最も大切です。
常に健康体を維持して免疫力を高めるように努めましょう。
そうすれば、たとえ高齢になってもがんにかからない生き方ができます。