狭心症

分かりにくい痛み

人間の心臓は常に動いていて、収縮と拡張を繰り返しながら全身へ血液を送り出しています。
この血液によって各細胞へ栄養や酸素が運ばれるため、人間は生命活動を続けることができるのです。
また、心臓は筋肉で動いていて、これは心筋と呼ばれるのですが、この筋肉にも当然血液は必要となります。

冠動脈は心筋に対して血液を供給しているのですが、この血管が細くなってしまうととても危険です。
これが狭心症であり、このときに胸が締めつけられるような痛みを感じてしまいます。
このような発作が起きたならすぐに対処しなければいけないのですが、症状によっては胃の痛みや歯痛などと区別がつかないことがあり紛らわしいです。

狭心症が起きてしまうのは心筋が必要とする血液が不足してしまった場合です。
心臓の鼓動が早くなっているときに動脈硬化が起きていると狭心症の発作が起きることがあります。
あるいは冠動脈が痙攣してしまい、それによって細くなった結果として狭心症となることもあります。

前者の狭心症を労作狭心症と呼んで、後者は安静狭心症といいます。
どちらかといえば労作狭心症の方が多いのですが、日本人は欧米人と比べて安静狭心症の患者は多いようです。
狭心症は高齢者ほど患者の数が増える傾向にあります。

予防と治療方法

労作狭心症が起きてしまう原因は動脈硬化のため、これを予防することが大切です。
基本的には生活習慣病の治療をしたり、禁煙をしたり、肥満の方はダイエットをすることが必要でしょう。
つまり、動脈硬化を引き起こす要因を取り除いていくことが求められるのです。

狭心症の治療には血管を拡張するための薬を用いたり、心臓が働き過ぎてしまうのを抑制する薬を飲みます。
バイパス手術によって、血液が迂回できる経路を作ることもあります。
安静狭心症については、薬によって血管を拡張させて発作をあらかじめ防ぐ治療が行われます。

発作予防をしていたとしても、狭心症が起きてしまうことはあります。
その際にはすぐに安静にして、血管拡張薬を飲むことになります。
基本的には薬を飲むことによって発作はおさまるのですが、どうしても発作が続く場合には別の病気が考えられます。

そのときにはすぐに救急車を呼んで、専門的な治療を受けることになります。
毎日の生活習慣が影響する病気のため、健康的な生活を送ることが大切です。
特に肥満の方は狭心症のリスクがかなり高まっていることを自覚するべきでしょう。

動脈硬化を予防するための生活は、その他の病気の予防にもつながるため、とても良いことです。
動脈硬化を防ぐことによって、いろいろな病気を避けることができるため、ぜひとも実践しましょう。