脳血管疾患

日本人の死因の一位

脳血管疾患とは文字通り脳に関連する病気のことです。
脳の血管に異常が生じてしまい、それによって血流が阻害されてしまったり、動脈が破裂してしまい出血するといった障害が起きてしまう病気のことです。
かつては日本人の死因の一位がこの脳血管疾患でした。

死亡率は減っているのですが、患者の数は変わっていないため、今でも怖い病気であることに変わりないです。
脳血管疾患になったことによって、今でも重度な障害が残ってしまい不自由な生活を強いられている方は多いです。
昔から恐ろしい病気として知られています。

脳血管疾患は脳卒中と呼ばれることもあります。
その原因は、たとえば脳出血の場合だと血圧が高くなってしまい、それによって脳の血管に過剰な負担がかかってしまい、それによって血管が破れて出血してしまいます。
脳梗塞とは、血管の中にどろどろの固まりができてしまい、それによって血管がふさがれることによって、血液の流れがさまたげられることです。

かつては栄養が不足していて血管が弱いために脳出血となるケースが多かったのですが、今では糖尿病や高脂血症による脳梗塞が増えています。
どちらも生活習慣病であるといえます。
日頃の生活の中でのさまざまな習慣が影響して病気になってしまうからです。

脳出血は突然意識を失ってしまい、そのまま半身麻痺を起こしてしまいます。
脳梗塞の場合は突然半身が麻痺してしまったり、言語に障害が出てしまうものが多いです。
どちらの症状もとても怖いものとなっています。

脳血管疾患を予防するためには

予防方法としては、動脈硬化や高血圧になるのを防ぐための生活をすることが大切です。
もし高血圧になっているならば、早く病院で治療を受けて治しましょう。
糖尿病になってしまった場合は、放置しておくのではなくて治療するべきです。

不整脈が見つかったならば、すぐに病院を受診してください。
タバコをやめることはとても重要なことです。
アルコールに関しては適量を守り、飲み過ぎないようにしましょう。

コレステロール値が高いことは危険であると理解しましょう。
食事の際の塩分や脂肪分を見逃してはいけません。
自分の体に合った運動を心がけるようにしましょう。

太りすぎは脳血管疾患に限らずさまざまな病気の原因となってしまうため、ダイエットをしましょう。
万が一、脳卒中が起きてしまったらすぐに病院へ行ってください。
その他の生活習慣病と共通していますが、健康的な生活を送ることが大切です。

若いうちから意識しておくと、年をとっても慌てないで済むでしょう。
もちろん、中高年の方が予防をしても遅くはありません。
気がついたときにすぐに始めると良いでしょう。