歯周病

抜歯しなければいけない場合も

歯周病は口の中に存在する細菌によって生じる病気のことです。
虫歯の場合は歯そのものに影響があるのですが、歯周病は歯を支えている歯槽や歯肉に影響が出てしまいます。
これらの組織に炎症が生じてしまうと、それが長く続いてしまい、組織を少しずつ傷めてしまう結果となります。

これによって歯がぐらついてしまったり、口臭が気になってしまうことがあります。
実際に歯がぐらつくような症状が出ないかぎりほとんどの方は歯周病に気がついていないため、日本には軽度のものも含めれば歯周病にかかっている人は非常に多いです。
歯がぐらついてからでは治療は大掛かりなものになってしまうため、抜歯しなければいけなくなります。

歯というのは人間の体の中にある組織のうち最も重要なものの一つです。
歯を失ってしまうこともあるため、歯周病はとても重大な問題なのです。
口の中には常に何らかの細菌が生息しているため、歯のケアを怠ってしまうと、それによって歯周病にかかってしまいます。

歯周病は口の中の細菌が炎症を起こして生じてしまうのです。
特に歯と歯茎の間に食べかすがたまってしまうと、そこは細菌にとってはとても居心地の良い環境となるため、細菌の勢いが増してしまうでしょう。
歯周ポケットができてしまえば、普通に歯磨きをしたのでは届かなくなってしまうため、ますます歯周病が進行してしまいます。

予防法

歯周病を予防するための唯一の方法は歯をきちんと磨くことです。
これさえきちんとできているならば、それだけで予防としては十分でしょう。
口の中の細菌の数を減らすことが大切なのです。

歯磨きを正しくできていない方はとてもたくさんいます。
その結果として、長年歯周病を進行させ続けてしまい、最終的には抜歯しなければいけなくなるのです。
歯磨きだけではなくて歯間ブラシを使うこともおすすめします。

歯の表面というのは実はあまり関係なく、むしろ隙間をキレイにすることがポイントなのです。
歯科医院の先生から正しい歯磨きの方法を教えてもらうと良いでしょう。
定期的に歯医者を受診する習慣を作ることによって、どのように歯を磨けばいいのか教えてもらえます。

磨き足りていない部分についてチェックしてもらったり、歯石を取ってもらうこともできます。
歯周病の検査を受けることができるため、気になる方はすぐに行きましょう。
歯周病の治療は早目に行えば大掛かりな治療をしなくて済むためとても楽です。

歯周病は60歳から69歳の方が最も多いとされています。
たばこを吸っている方はぜひとも禁煙をしましょう。
たばこによって細菌にとって心地良い環境が形成されてしまうのです。
また、たばこのせいで歯周病が進行しやすくなるでしょう。