一無、二少、三多のすすめ

健康な体を目指す

生活習慣病予防のために一無、二少、三多のすすめを実践してみましょう。
まず一無というのは禁煙を行うことです。
たばこというのは体に対してさまざまな悪影響を及ぼしてしまうため、禁煙をすることによって、体はかなり健康的な状態となるでしょう。

二小というのは小食、少酒を実行することです。
食事というのは健康への影響がとても大きいものであり、特に食べ過ぎてしまうことは避けるべきでしょう。
また、お酒を飲み過ぎてしまうことも健康への影響が大きいため、できるだけ少酒を実践するべきです。

三多というのは、多動と多休、そして多接の3つのことです。
つまり、体をできるだけ多く動かすようにして、さらにしっかりと休養することを心がけて、いろいろなものに接するようにすることです。
これらも健康には欠かせない要素となっています。
このような一無、二少、三多のすすめを実践することによって、あなたは生活習慣病を予防できるでしょう。

一無、二少、三多のすすめ

禁煙をすることの目的はニコチンやタール、一酸化炭素を体に運び込まないようにすることです。
これらはどれも体にとってはかなり有害な物質となっています。
ニコチンによって糖代謝がおかしくなってしまったり、脂質代謝に異常が生じてしまう可能性があります。

タールは発がん物質であり、発がん促進物質であり、さらには他にもいろいろな有害物質を含んでいます。
一酸化炭素はヘモグロビンと結びつきやすいという性質があり、これによって赤血球が増えてしまうため、血液がどろどろになりやすくなります。
禁煙をすることによって、これらの影響を取り除けるでしょう。

少食のためには常に腹八分目を心がけることが大切です。
食事の際にお腹いっぱいになるまで食べ続けることはやめるべきです。
本来はお腹がいっぱいにならなくても十分な栄養を摂取することはできるのです。

よく噛むようにして、偏食をしないことを心がけてください。
また、お酒に関しては一日の摂取量を抑えるようにしましょう。
百薬の長とされていますが、それはアルコールを1日に20g程度しか摂取しない場合です。

飲み過ぎてしまわないようにして、できれば控えてしまった方が健康には良いです。
三多については、まず1日に歩いたり筋力トレーニングをしたり、あるいは体操をして運動を取り入れましょう。
多休については、きちんと睡眠時間を確保することが大切です。

また、できるだけ多くの人と関わり、ものと接して、事柄に参加するようにしましょう。
このような多接も生活習慣病を未然に防ぐためには重要な要因となっています。