「レシチン」の生活習慣病予防効果

積極的に摂取しよう

健康食品として昔から知られているのが大豆であり、その主な成分がレシチンです。
レシチンはリン脂質であり、神経組織や細胞膜を形成するために役立ちます。
このレシチンは生活習慣病を予防するために効果を発揮するため、ぜひとも摂取しましょう。

レシチンの効果の一つとして、コレステロールが血管内にたまるのを防ぎます。
レシチンには乳化作用があり、これによってコレステロールと結びついて包み込むようにするため、血液中からの排出を促します。
脂質の代謝を活性化させる効果があり、結果的に肥満や肝硬変、脂肪肝といった生活習慣病を防ぐことができるのです。

レシチンはコリンによって構成されているのですが、このコリンは神経伝達物質であるアセチルコリンを生成するために使われます。
レシチンが不足してしまうと、記憶力が低下してしまったり、不眠の原因となってしまいます。
そのため、きちんとレシチンを摂取することによって脳機能が高まり、きちんと眠ることができるでしょう。

アルツハイマーを予防するためにはレシチンは役に立つのです。
生活習慣病を予防したい方は積極的にレシチンを摂取してください。

レシチンのが含まれている食品

レシチンはいろいろな食品に含まれているため、積極的に摂取するようにしましょう。
やはりレシチンが圧倒的に多いのは大豆食品です。
煮豆や納豆、豆腐、おから、枝豆といった食品から多量のレシチンを得ることができます。

また、大豆にはビタミンEも豊富に含まれており、そちらとの相乗効果を期待することが可能です。
その他の食材の中でレシチンが多いのは、ピーナッツやごま油、レバー、卵黄などです。
レシチンをしっかりと摂取することによって、心身を健康に保つことができるでしょう。

もちろん、上記の食品以外もきちんと摂取することが大切です。
どんなに体に良い食品だったとしても、栄養が偏ってしまえば意味がありません。
なるべくバランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

その上でレシチンを多く含んでいる食品も積極的に料理の中に取り入れるようにしてください。
そうすれば自然と生活習慣病の予防をしていることになります。
自分の普段の食生活を振り返ってみて、レシチンが不足しているならば、意識的にレシピの中に入れましょう。
足りない分はサプリメントによって補うことができます。